むぎ@が契約している賃貸管理会社は『日本財託』といいます。

2007年11月に日本財託から最初のワンルームマンションを買ってからのお付き合いになります。

ワンルームマンション投資は、マンションを購入した会社で賃貸管理契約を結ぶことが一般的ですので、マンション販売会社の賃貸管理サービスの内容と質も含めて販売会社を選ばないといけません。

たまたま電話をかけてきた営業マンに、購入を相談することはオススメしません。

売るときだけ熱心で入居者募集が適当な会社だと、オーナーさんが泣き寝入りするのが明白だからです!!

そういった観点で言うと、日本財託はむぎ@がオススメできる不動産販売会社のひとつです。

理由は、中古ワンルームマンションをあつかう不動産会社の中で、日本財託は業界平均以上のサービス内容でオーナーの満足度が高いからです。

あとでご紹介しますが、ネットの口コミをみてもネガティブな書き込みがほとんどないので、むぎ@同様に満足度が高いオーナーが多いのだと思います。

この記事は、現役オーナーのむぎ@がオーナー目線で日本財託をご紹介します。

そして2007年~2021年までに13戸の中古ワンルームマンションを日本財託で購入して賃貸管理契約を結んでいる実体験をもとに、日本財託のサービス内容をコメント付き紹介します。

日本財託の口コミ・評判

最初にネットでの評判を「不動産投資のミカタ」「みん評」からまとめました。

良い口コミ・評判

現在の担当者とは10年近い付き合いであり、全体的な満足度は高い。ややなれなれしいところはあるが、過去の購入物件のことも知っており、その物件への今後の対応(売却、所有維持など)についてもアドバイスをもらえる点では助かっている。他社のようにしつこく電話をかけてきたり、メールを送ってくることもないので、節度のある営業姿勢ではないかと思う。

(出典:不動産投資のミカタ) 2020.3.26

特にこまめに連絡などがくるわけではないのですが、確定申告の方法のセミナーなどもやっているようで、しっかりケアはされている印象ではあります。管理についても、オーナー側で対応が必要な事項は特に発生しておらず、ある程度問題なく処理していただいているのではとは感じています。入居率も高く、入居率を高めるコツやよりよい管理の方法などの情報提供も多く、工夫をされている印象はあります。

(出典:不動産投資のミカタ)2019.8.12

物件の質は普通で、量は多いと思います。

質は物件といっても外れ物件は用意していないように思います。

値段は、物件価値に対して微妙に高いかなとは感じましたが、サポート体制を考えるとリーズナブルなのかなと想像しています。

特定の不動産会社との付き合いがなく、初めてでどうしたらよいかわからないという方向けかなと思いました。

(出典:不動産投資のミカタ)2019.8.10

30年以上の実績があり、信頼感のある会社だと思って利用させて貰いました。空室を埋めるための努力を惜しみなくしてくれて、安心して任せられます。部屋の写真を何枚も撮って、写りが良いのを厳選して宣伝に使ってくれます。それによってイメージアップになり、入居者も増えていきました。少ない予算でも投資を始めることが出来て、初心者にも優しいサービスだと感じました。リスクやローンのことまで考えてくれて、お金の心配も少なくなります。しつこいセールスもないので、ストレスも溜まりません。オーナー一人ひとりに寄り添う姿勢に感動しました。

(出典:みん評)2021.3.17

40代も後半に入り、独身で一人暮らしの私は、将来に備えて何か貯金なり投資なりをしなくてはいけないと考えていました。ある日知り合いから、ここの不動産投資はうまくいけば、年金の代わりになるような収入が得られると聞かされました。知人の勧誘でなんとなく始めた不動産投資ですが、今は本腰を入れて取り組もうと思っています。投資欲に火がついたのは、ここの会社の担当者が不慣れな自分に何かと親切で、リスクもそれなりにあるけどリターンもそれなりに見込めることをていねいに説明してくれたからです。まだ投資を始めたばかりなので、将来利益が得られるかどうかは分かりません。投資は全くの素人の自分ですが、投資の仕組みやリスク管理をまじめに学び信頼できる会社を選べば、5年10年後には成果が出ると信じています。

(出典:みん評)2021.4.1
むぎ@

日本財託のサポート体制を評価する声が多いのと、しつこいセールスがないところも大事なポイントのようです。

悪い口コミ・評判

一番最初にコンタクトをとった営業担当者は、押しが強かったのとメリットばかりを訴えて相性が合わないなと思い、他の担当者に変えてもらった経緯があったので、会社もさることながら担当者による差異があると感じた。

(出典:不動産投資のミカタ)2020.3.26

最初に電話でお話した方とは、正直ビジネスをしたいとは思いませんでした。

窓口となる方を変えていただいてからは、話が比較的スムーズに運びました。

残念ながら私の希望条件にあう物件がなかったのですが、あればここで購入する事になっていたと思います。

身だしなみは、どちらの方もきちんとされていました。

面談場所もキレイで清掃も行き届いており、受付の対応もきちんとしていました。

このことから、たまたま最初の担当者が新人か何かで、まだトレーニングの途中であったのかなと思いました。

組織として大きく、しっかりとした企業という印象を持ちました。

(出典:不動産投資のミカタ)2019.8.10

実際に購入してみて入居率はかなり高い様に思います。しかし退去があった場合のクリーニングなど諸々の費用は他社と比べて高いです。今のところあまり利益は無いですが、サービス内容が充実している事を考えると妥当な金額かなと概ね満足しています。

(出典:みん評)2020.12.21
むぎ@

営業担当者との相性の悪さをあげる人がいますが、営業担当者を代えることで対処できるようです。

10年以上むぎ@の担当をしているN氏は、自信をもって紹介できる営業担当者です。始めからハズレ担当者を避けたい人は下にあるLINEのトークでご相談ください。

むぎ@が教えてもらうのはあなたへの連絡先(メール・電話など)だけです。あなたの連絡先をN氏にお伝えして、N氏からあなたに連絡するように手配します。

投資仲間が増えるのは大歓迎!!ワンルームマンション投資を検討してるなら、お気軽にご相談ください。

日本財託の基本情報

コロナ禍の2022年6月末現在でも、販売した中古ワンルームマンションの入居率が99.28%(15,241戸)※を誇る日本財託。
※出典:日本財託公式ページ

日本財託の公式ページに、『当社はしつこい電話・強引な勧誘は一切おこなっておりません。安心してお問い合わせください。』と掲示しており、無理強いをしなくてもお客様が弊社を選んでくれるとの自信がうかがえる。

そんな日本財託は、中古ワンルームマンション投資の初心者が安心して実践できるサポート体制が充実してます。

日本財託が用意するサポート体制と実績

□ 全国平均が81%に対して、年間平均入居率が98%を誇る
□ 空室を早期に埋めるための賃貸管理ノウハウを確立している
□ 24時間365日受付コールセンターが入居者からの問い合わせに対応
□ 定期的にオンラインセミナーを実施している
□ オーナーサポート体制が充実しており、確定申告の税理士説明会や手引書の無料配布をしている

□ 2022年6月末現在。オーナー数9040人、管理戸数25,742戸(日本財託が販売した分15,241戸)

会社名株式会社日本財託
本社所在地〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル5F・9F・10F・13F
代表取締役重吉 勉
会社設立1990年10月
資本金8,000万円
事業内容不動産の売買・仲介、賃貸経営サポート・建物管理・賃貸仲介

空室を早期に埋める賃貸管理ノウハウ

オーナーが賃貸管理会社に求める一番の要望が、『早く入居者を見つけてほしい』です。

むぎ@が取引を始めた2007年から比べて、賃貸管理ノウハウはどんどん進化しています!

①都内5,000社の賃貸仲介会社に入居募集情報を毎日配信

退去の連絡を受けた翌日中に物件状況を確認して、新規募集資料を作成、翌々日には都内約5,000社の賃貸仲介会社にメール・FAX・仲介会社専用ホームページで情報を配信しています。

退去の連絡が届いた翌々日には新規募集が始まるのでスピーディーな入居者募集が可能です。

むぎ@

むぎ@の物件の多くが、退去日前に次の入居者が決まっています。

質の良い入居者情報を広域にスピーディーに発信するシステムの有効性を実感してます^^

②ポイント会員制度で、日本財託の物件を優先的に紹介してもらう

日本財託の物件に入居者を紹介すれば紹介者した社員にポイントが貯まる「ポイント会員」という制度を設けています。

ポイントは商品券に交換でき、さらに貯めていくことで大きな特典がつきます。

ポイントというインセンティブが付与されるので、他社の物件に優先して日本財託の物件を紹介してもらう仕組みです。

また、入居者募集に苦戦する物件や閑散期などは、ポイントを倍付けにしたり、様々な特典をつけることで空室解消に役立ってるようです。

むぎ@

仲介業者さんのお小遣い稼ぎにも貢献して、三者三得の関係ですね!

③内装7日間完了ルール

原則として7日以内に内装工事を仕上げることで内見の機会を増やします。

早期に内見を可能にすることで、空室期間の短縮を目指します。

むぎ@

内見を重視する入居者が一定数いますので、退去後1週間以内に内見ができるのは大きいです。

短期間で内装工事が仕上がるので、2月~3月の繁忙期は特に助かっています^^

④300万人の在日外国人にアプローチ

人口減少時代に突入している日本では、日本人だけをターゲットにして不動産経営をするよりも外国人を積極的に受け入れた方が空室を早く埋めることができます。

日本に暮らしている300万人もの在日外国人マーケットにアプローチをするために、外国人入居者サポートの専門部署を設置しています。

入居審査、入居後のフォローを行うほか、就職セミナーや入居者交流会など入居者向けのイベントも開催していますので、入居者が外国人だからという理由でのトラブルは起きにくいです。

むぎ@

むぎ@の物件にも外国人留学生や外国人就業者が入居していますが、トラブルは一度もありません。

外国人入居者を戦略的に受け入れる日本財託の体制は、オーナーにとって頼りになってます!

日本財託を選ぶメリット

①管理委託料は、空室期間中に発生しない

ワンルームマンションの管理委託料は3,300円/月(税込み)です。

管理料金に含まれるサービスは、入居者募集から新規契約、更新契約、リフォーム、退去精算、鍵交換などとあわせ、 24時間365日対応の入居者専用コールセンター業務、不動産に関する相談窓口「オーナー事務局」など、 オーナーに代わり入居者に関わるあらゆる業務が対象となっています。

メリットは、空室期間中の管理委託料が発生しないことですので、家賃が入らない時期のコストを抑えることができます。

ただし、月の途中で入居した場合は、家賃と同じように日割りで管理委託料が発生します。

そして、次に紹介する空室保証適用期間中は管理委託料が発生します。

②空室保障制度がある

査定賃料下限の80%を空室期間中に受取れます。長期間空室だとローン返済が苦しくなるので、ありがたい制度です。

ただし、空室保証制度にはいくつか条件がありますので注意が必要です。

①2カ月間の免責期間がある(退去してからの2カ月間空室だと、3カ月目から家賃保証費が支払われる

②日本財託が周辺相場を調査して、退去した物件の適正家賃相場を提示します。空室保証制度の支払い家賃は、示された相場家賃の下限の80%となるので、家賃満額を受け取るのではありません

(例)
査定賃料が60,000円~63,000円の場合
60,000円×80%=48,000円
空室発生後、3ヶ月目から48,000円を保証家賃としてお支払い致します。

そして、空室保証制度は物件購入後5年間のみです。

むぎ@

ちなみに、むぎ@はこれまで1回しか空室保証制度を使っていません。

理由は、2カ月以内に入居者が決まっていたからです。

③家賃滞納保証がある

家賃の滞納があった時は、同一の入居者で連続12カ月まで100%家賃を保証してくれます。

むぎ@

日本財託の入居審査はしっかりしていますし、滞納リスクがある人には保証会社に加入してもらっているので、むぎ@は家賃滞納を経験したことがありません。

(外国人入居者は全員保証会社に加入しています。)

日本財託を選ぶデメリット

空室保証制度は家賃を満額もらえない

空室保証は、退去してから3ヶ月目から発生するので、最初の2カ月は家賃の保証がありません

そして支払われる金額は、日本財託が示した家賃相場の下限の80%です。

また、物件購入後5年間しか有効でないのもデメリットと言えます。

家賃滞納保証は同一入居者は12カ月間のみ

同一の入居者が連続して13ヶ月以上、家賃を滞納すると13カ月目からオーナーの負担になります。

むぎ@

しかし、現実的に家賃滞納が発生するリスクはとても低いと思います。

日本財託は、家賃の入金が1日でも遅れると入居者に電話をして振込忘れを正してくれます。

そのため、家賃滞納者を早期発見して早期に対応してくれますので、保証期間である1年以内に解決することがほとんどだと思います。

日本財託をオススメする人

  • 東京都内で中古ワンルームマンション投資を考えている人
  • 不動産投資の話を聞いてみたいけど、そのあとの強引な勧誘が怖い人
  • オーナーに対するサポートが充実した会社
  • 『本当に儲かるなら、営業担当者が買ってるよ』と思っている人

    ※もちろん全員ではないですが、日本財託の社員さんでワンルームマンションを買っている人は結構いるみたいです。私の担当者N氏も複数戸所有しています。

※ご質問や、営業担当者N氏の紹介はLINEもしくはメールでお願いします。
 (メールはたまにしか見ていないので、早めの回答希望はLINEでお願いします。)

あわせてチェックしたい不動産会社 

不動産会社は慎重に選ぶのが肝心です。

物件を購入したあとの管理をまかせるので、販売物件情報の豊富さに加えて、賃貸管理サービスの内容と質が重要となります。

ですから、あなたがワンルームマンション投資を検討するなら、複数社の情報を集めて検討することをおススメします。

A社の取引銀行ではローンが承認されるけど、B社の取引銀行ではローンが承認されないといったこともありますので、不動産会社のバックアップがあると安心です。

そのため、日本財託のサービス内容を客観的視点で検討するためにも、ぜひ複数社で比較検討することをおススメします。

むぎ@がおススメする不動産会社 4選(日本財託を含む)も、無料で資料がもらえるので参考にしてください。

あなたが各社の進呈条件をクリアしていればAmazonギフト券が合計10万円分もらえます

ワンルームマンション投資の情報がまとまった各社の公式ホームページ