7%前後の利回りが期待できるクラウドファンディング『LENDEX』

  • URLをコピーしました!

※当サイトは、アフィリエイトプログラムに参加しています。記事内容は経験したことを中心に記載して公平さを心がけています。

むぎ@

こんにちは!むぎ@です。
副業でワンルームマンション投資をしています(⇒プロフィール)。
このブログは、東京23区で中古ワンルームマンション投資をしている経験を発信するブログです。

これまで不動産型クラウドファンディングで高利回りファンドが特徴のヤマワケエステートを記事で紹介してきました。

私が投資しているクラウドファンディングが数社ありますが、ヤマワケエステートに一番投資をしています(2024年5月25日現在 110万円)。

でも、ヤマワケエステートに投資するデメリットがあります。

最近の売り出しファンドがすべて抽選式で、競争率が高くて当たらないのです。

この記事を読んでヤマワケエステートで投資を始めた人も多いですが、抽選に当たらなくて投資ができていない人もいると思います。

そこで、私がお勧めするナンバー2のクラウドファンディング、LENDEXについてご紹介します

目次

融資型クラウドファンディング「LENDEX」の特徴

LENDEXは、不動産投資型クラウドファンディングのヤマワケエステートと違い、融資型のクラウドファンディングです。

不動産型クラウドファンディングは、事業者がクラファンで集めた資金を不動産購入に使って運用利益を還元します。

融資型クラウドファンディングは、事業者がクラファンで集めた資金を他社に融資をして利子を還元します。

融資型クラウドファンディングはあくまで融資であり、担保を確保することで安全性を確保してリスクを下げることが魅力となっています。

LENDEXは以下のような特徴があります。

LENDEXの特徴

□2017年7月からサービスを開始して、1,000案件以上のファンド実績がある

□平均利回りが6~10%

□最低2万円から投資ができる(ヤマワケは10万円から投資できる)

□利息が毎月分配される

□担保をしっかり取っている

□ファンドは先着式で毎日のように新規募集がある

□会員登録、口座開設、口座維持手数料が無料

2017年7月からサービスを開始して、1,000案件以上のファンド実績がある

LENDEXの大きなメリットは、信頼性が高い会社だということです。

2017年から融資型クラウドファンディング事業を開始し、1,000件以上のファンドを設立して応募金額も380億円を超えています。

そして、過去3年間の貸し倒れが0件です。

平均利回りが6~10%

LENDEXの公式ページには「平均利回り6~10%の融資型クラウドファンディング」と記載されています。

記事執筆時の募集ファンドは7~7.5%のものが多いですが、最新の情報はLENDEX公式ページの募集ファンドで確認してください。

例えば7%で10万円を12ヶ月運用するファンドだと、税引き後の利益が5,562円になります。

銀行のスーパー定期(年0.025%)に預けた場合の税引き後利益が19円ですから、利回り7%でも銀行預金に比べて利息が約292倍になります!

最低2万円から投資ができる

以前は1万円から投資ができましたが、最近は最低投資額が2万円に変わりました。

それでも最低投資額が10万円のヤマワケエステートよりも、投資を始めやすいファンドと思います。

利息が毎月分配される

クラウドファンディング初心者にとっては、「詐欺じゃないか?」とか「大損したらどうしよう」など不安がつきないと思います。

わたしも最初は「詐欺の可能性」も考えながら、こわごわと投資会社と投資金額を分散して始めたので、初心者さんの気持ちがよくわかります。

LENDEXは毎月予定利率の分配金が振り込まれるので、クラウドファンディングに対する不安をやわらげ、次第に安心感に変わっていきます。

下の画像は、私がLENDEXで投資をしている3つのファンドの税引き後の分配金のお知らせです。

分配金が毎月口座に振り込まれるクラウドファンディングは少ないので、LENDEXの魅力のひとつと理解して良いと思います。

むぎ@

私は70万円を3つのファンドに分散投資しています。
税引き後の分配金3,539円が口座に毎月振り込まれます。

運用期間中は「ほったらかし」で大丈夫なので、余裕資金の保管先としてお勧めできます。

低い金利の銀行預金は物価高(インフレ)で資産価値を減らしていることを理解すれば、クラウドファンディングの有用性をご理解いただけると思います。

むぎ@

最新の運用成果はこちらの記事で紹介します

担保をしっかり取っている

LENDEXは、リスクを抑えるために案件の一部分に担保を設定します。事業者が返済ができない最悪の場合でも、担保権を行使し回収額を大きくします。

そして担保不動産の評価は、当社独自の査定価格と、第3者の査定価格とを比較して、いずれか低い方の80%を上限にファンドを組成します

第3者の査定もふまえて設定しているので、担保評価に対する信頼性は高いですし、担保評価の80%までしか出資しないところも安心材料ですね。

担保価値を低めに見積もって、その担保価値よりも2割低い金額までしか貸し出さないので、元本割れのリスクを減らしています。

ファンドは先着式で毎日のように新規募集がある

ここが、ヤマワケエステートのファンド募集と決定的に違う点です。

ヤマワケエステートのファンドは抽選式ですので、当選するまで投資ができません。

LENDEXは先着式ですから、募集直後に申し込めばほぼ確実に投資ができます

そして毎日のように新規ファンドの募集があるので、投資チャンスがとても多いです。

こちらは、随時更新される新規ファンドの募集予定表です。

新規ファンドは19時に受付開始ですが、募集は当日の夕方に公表されることが多いです。

事前に要件を確認して投資をするなら、19時ジャストに申し込めるように心がけてください。

抽選式よりも投資ができる可能性が高いですが、先着順なので出遅れると間に合いませんのでご注意してください。

会員登録、口座開設、口座維持手数料が無料

口座開設にかかるコストはゼロです。

口座開設から最短2営業日で投資をスタートできます。

毎月2万円を7%で複利運用したシュミレーション

LENDEXは最低2万円から投資ができ、先着方式のファンドが毎日のように募集されます。

ですから毎月2万円の積み立てを7%複利運用することが可能です。

もちろん、元本保証ではない点は理解したうえでシュミレーション結果を確認してください。

※運用利益から税金を引かない前提で計算した結果です

運用期間積立額合計利息合計元本・利息合計
1年24万円7,852円247,852円
5年120万円231,858円1,431,858円
10年240万円1,061,696円3,461,696円
15年360万円2,739,246円6,339,246円
20年480万円5,618,533円10,418,533円
毎月2万円を積み立て年利7%で複利運用

複利効果は長期運用することで大きくなります

毎月2万円の積み立て運用でも大きな利益が期待できます。

銀行にコツコツ積み立て貯金も良いですが、余裕資金の運用先の一つとしてクラファンは効率的に利益を上げることが期待できます!

LENDEXに口座開設をする方法

LENDEXの口座は、以下の条件を全て充たす個人の方が開設できます。

LENDEX口座の開設条件

□ 20歳以上75歳未満

□ 日本に居住している

□ 反社会的勢力等に該当しない方

□ 当社の審査を通過した方(審査基準及び内容はお答えできません)

むぎ@

画面の指示に従がえば、口座開設はむずかしくないです。
スマートフォンで登録するのがおすすめです。

ブログランキング

ブログ更新のモチベーションになってます!

参考になったら1ポチお願いしまーす。

目次